2009年12月06日

日本ウオーキング協会

日本ウオーキング協会

 日本ウオーキング協会は昭和39年10月、おりから「東京オリンピック」が開催されていた東京で「歩け歩けの会」として誕生しました。1964年10月17日でした。 前年、サンフランシスコからニューヨークまで、歩いてアメリカ大陸6千キロを横断してきた早大生の大西七郎さんが、早稲田、日大、青山、慶応、中央、御茶ノ水等の仲間と共に「みんなで歩こう!」と呼びかけて始まったのです。初代会長は、アマチュアレスリングの父、八田一朗さんでした。

 学生を中心に、毎月第1日曜日をみんなで歩く日と定め、全国に歩け歩け運動を提唱し、実践を重ね、海外にも足を伸ばし、「日本歩け歩け協会」と改称した会は、設立10周年を期して第二代の会長に日本ユースホステル協会の創立メンバーであった金子智一さんを迎え、全国各地に歩け歩け運動の機運が高まるなか、学生主体から徐々に社会人が中心の運営に移行するなかで、昭和58年、1983年6月5日、400人の会員が5万円づつ基金を出し合い、環境庁(当時)認可の社団法人へと発展しました。

 ウオーカーの、ウオーカーによるウオーカーのための協会として、運営方針はボランティア精神による受益者負担と自助努力がモットー。国庫補助は一切受けない「金子スピリット」で国際マーチングリーグ(IML)、日本マーチングリーグ(JML)を創設し、「2キロまではいつも歩こう」を合言葉に全国に、アジアに、そして広く世界に楽しいウオーキングの普及を目指して積極的に事業を展開しました。

 1997年11月には、江橋愼四郎第三代会長のもとに「第1回世界ウオーキングフェスティバル」を世界26ヶ国の代表と千名を越える外国人ウオーカーの参加のもとに開催し、第20回日本スリーデーマーチには、なんと三日間で10万人を越えるウオーカーが参加して大盛況でした。


設立 :1964年10月17日
所在地 :〒113-8530
 東京都文京区湯島1-2-4神田セントビル
   TEL 03-5256-7855
   FAX 03-5256-7856
所管 :環境省・厚生労働省
最寄駅 JR御茶ノ水駅 聖橋口から徒歩6分
【関連する記事】
posted by ss at 12:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。